メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

安倍首相と石破氏の一騎打ちに 20日投開票

自民党総裁選についての記者からの問いかけに答えず、首相官邸に入る安倍晋三首相=2018年9月7日午前8時46分、川田雅浩撮影

 自民党総裁選は7日告示され、連続3選を目指す安倍晋三首相(63)と石破茂元幹事長(61)による一騎打ちの選挙戦に入った。首相の5年8カ月にわたる政権運営の評価が問われ、憲法改正や経済政策などが争点となる。北海道地震による3日間(7~9日)の活動自粛方針を受け、告示日に候補者が論戦をしない異例の総裁選となった。

 首相は7日朝、首相官邸に入る際、総裁選に関するコメントを求める記者団に「おはようございます」と語り…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです