メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州電力

今秋にも出力抑制実施 再生エネルギー事業者に

 九州電力は7日、今秋にも太陽光や風力の再生エネルギー事業者に対し、一時的に発電停止を求める「出力制御」を行う可能性が高まっていることを明らかにした。九州では太陽光発電が普及しているが、これから冷房の使用が減って電力需要が低下し、需給バランスが崩れる恐れがあるからだ。実施されれば離島を除き全国初となる。【浅川大樹】

 九電は7日からホームページ(HP)で3日後までの出力制御の実施可能性の公表を始めた。「社会的影響が…

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文955文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  3. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  4. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  5. ネット得票最多が“落選” 自民道連「組織票」 参院選候補選び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです