メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度7

外国人観光客 情報不足に困惑

ススキノの飲食店の炊き出しに集まる外国人観光客ら=札幌市中央区で2018年9月6日午後5時18分、貝塚太一撮影

[PR]

 今回の地震で道内は交通機関がストップ。全域が停電してスマートフォンの充電場所を見つけるのも難しく、普段はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を駆使している外国人観光客らは情報不足に戸惑いを隠せなかった。

 7日朝、列車の動かないJR札幌駅の改札口前で、韓国から家族3人で来ていたリハ・キムさん(27)が掲示に見入っていた。帰国予定の6日未明に地震が発生。同日夜は当初、駅で横になって過ごし、駅員に避難所を案内されて移った。

 10回以上訪日しているが、「こんな地震は初めて。避難所に受け入れてもらい感謝しているが、言葉の問題で外国人は情報を得るのが難しく、何がどうなっているのか分からない」と嘆いた。

 シンガポールから友人3人で旅行中のナビハ・エリアスさん(58)は「先ほどホテルをチェックアウトして帰ろうとしたが、電車も飛行機も動いていない。いつ復旧するのか、誰に聞けばいいかもわからない。まずは東京まで行きたいが、どうすればいいか見当がつかない」と頭を抱えていた。【源馬のぞみ】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  5. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです