メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度7

1人暮らしの男性2人死亡 CO中毒か

地域によって停電が続く札幌市内=札幌市中央区の旭山記念公園で2018年9月6日午後7時50分、貝塚太一撮影

[PR]

 地震による停電が広範囲で続く北海道で7日、自宅内で発電機を動かしていた1人暮らしの男性2人が相次いで倒れているのが見つかり、死亡が確認された。一酸化炭素(CO)中毒とみられる。

 道警などによると午前8時過ぎ、標津町の民家で会社員の40代男性が倒れているのを同僚が発見。ほぼ同じころ、上富良野町の住宅でも自営業の70代男性がぐったりしているのが見つかった。

 燃料はいずれもガソリンで、道警は発電機の排ガスにCOが含まれていたとみている。発見された時は燃料を使い切っていた。道内には停電で発電機を使っている家庭が多いとみられ、道警は換気に注意を呼びかけている。【本間浩昭】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです