メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
台風21号

「いつまでこの生活」関西の10万戸停電続く

停電が続いて水槽や冷蔵庫などが使えず、活魚料理店では魚を廃棄せざるを得なかったという=大阪府泉南市で2018年9月7日午後5時57分、小松雄介撮影

 台風21号で大きな被害を受けた近畿地方で、長引く大規模停電が住民生活に影を落としている。7日午後7時現在でも大阪南部や和歌山を中心に約10万戸の電気が止まったままで、関西電力は深夜になっても復旧作業を続けた。クーラーを使えない自宅を離れ、避難所に身を寄せる住民の顔には疲労の色が浮かんだ。

 「いつまでこの生活が続くのだろうか」

 大阪府泉南市の樽井公民館に開設された避難所にやってきた男性(67)が疲れた表情でつぶやいた。自宅の…

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文970文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです