メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

「いつまでこの生活」関西の10万戸停電続く

停電が続いて水槽や冷蔵庫などが使えず、活魚料理店では魚を廃棄せざるを得なかったという=大阪府泉南市で2018年9月7日午後5時57分、小松雄介撮影

 台風21号で大きな被害を受けた近畿地方で、長引く大規模停電が住民生活に影を落としている。7日午後7時現在でも大阪南部や和歌山を中心に約10万戸の電気が止まったままで、関西電力は深夜になっても復旧作業を続けた。クーラーを使えない自宅を離れ、避難所に身を寄せる住民の顔には疲労の色が浮かんだ。

 「いつまでこの生活が続くのだろうか」

 大阪府泉南市の樽井公民館に開設された避難所にやってきた男性(67)が疲れた表情でつぶやいた。自宅の…

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文970文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  2. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  3. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです