メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

和歌山で新たな死者 5府県計13人に

 台風21号が接近した4日に和歌山県湯浅町のごみ収集施設敷地内で意識不明の重体で倒れているのが見つかった施設職員の男性(36)が7日夜、搬送先の病院で死亡した。県によると、頭部を打撲しており、飛来物の直撃を受けたか、転倒したとみられる。同県での死者は初めて。毎日新聞の集計では、死者は5府県計13人と…

この記事は有料記事です。

残り54文字(全文204文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 吉沢悠が新型コロナ感染で入院 「咳、背中の痛み…」PCR再検査で「陽性」確認

  2. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. 朝鮮人追悼式 小池都知事、今年も追悼文を出さない意向

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです