メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

和歌山で新たな死者 5府県計13人に

 台風21号が接近した4日に和歌山県湯浅町のごみ収集施設敷地内で意識不明の重体で倒れているのが見つかった施設職員の男性(36)が7日夜、搬送先の病院で死亡した。県によると、頭部を打撲しており、飛来物の直撃を受けたか、転倒したとみられる。同県での死者は初めて。毎日新聞の集計では、死者は5府県計13人と…

この記事は有料記事です。

残り54文字(全文204文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  2. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  5. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです