メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマートフォン

続く停電 バッテリー長持ちさせる方法は

スマホのバッテリーを長持ちさせる方法=KDDI広報部のツイッターより

 台風21号や北海道地震による影響で一部地域では停電が続いている。連絡や情報収集に欠かせないスマートフォンのバッテリーを長持ちさせる方法を大手通信会社に聞いた。

 担当者によると、ディスプレーの明るさを調整するとバッテリーを長持ちさせる大きな効果がある。通信会社や機種によってやり方や表示される名称は異なるため、一般的な方法を紹介したい。

 スマホ画面にある「設定」から「画面」や「ディスプレイ」といったボタンをタップ。「明るさのレベル」をタップすると出てくるバー(直線)を動かし、見えるぎりぎりのところまで暗くする。合わせて、周囲に合わせて明るさを最適化する「自動調整」をオフにする。操作がないときに画面が自動消灯(スリープ)するまでの時間の設定を最も短くするのも効果的だ。

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. 脱走17日目、サーバルキャットを捕獲 飼育の家から約1キロ 静岡

  4. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  5. 特集ワイド 新型コロナ、都内感染再拡大の危機 今が踏ん張りどころ 東京都医師会・尾崎治夫会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです