特集

大坂なおみ(テニス)|東京オリンピック

「うつ」告白からの復帰戦。精神的な不安は完全に癒えるはずもないが、母国日本での五輪に参加したい思いがある

特集一覧

全米テニス

快進撃・大坂の心を「大人」に ドイツ人の師

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ニューヨーク浅妻博之】精神面で大人に成長した20歳の新鋭が、日本女子テニスの歴史を塗り替えた。6日に当地で行われたテニスの4大大会、全米オープン女子シングルス準決勝で、前回準優勝のマディソン・キーズ(23)=米国=を破った大坂なおみ(20)=日清食品。4大大会シングルスで日本女子初の決勝進出という快挙の陰には、今季から指導するドイツ人のサーシャ・バイン・コーチ(33)の存在があった。

 「恥ずかしがり屋で愛らしい」。バイン氏が大坂に会った時の第一印象だ。「完璧主義者」と自己分析する大坂は悲しくても、うれしくても素直に感情を表に出す。身長180センチと恵まれた体格で、最速200キロ超の高速サーブや強烈なフォアハンドはプロ転向した15歳の頃から世界トップクラスだったが、感情をコントロールしきれずに自滅する場面もあった。そんな大坂の性格を、バイン氏は「うそ偽りがない」と前向きに受け止…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文799文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集