メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

11対11の紅白戦 チリ戦中止で

紅白戦でスルーパスを狙う南野(左)=札幌市内で2018年9月7日、大島祥平撮影

 札幌ドームで7日に予定していた国際親善試合のチリ戦が地震の影響により中止となったサッカー日本代表は7日午後、札幌市内で代替施設を借りて練習を行った。

 ウオーミングアップ後、フルコートを使って11対11で紅白戦を実施。両チームとも4バックの布陣でコンビネーションを確かめながらプレーした。紅白戦は35分間を2本の予定だったが、照明設備のないグラウンドで日没が近くなり暗くなった…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井・勝山市長選 水上氏が初当選

  2. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  3. 岐阜・羽島市長選 松井氏が3選

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです