メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

政治 立憲民主と国民民主 自民党と戦うには

毎日新聞まいにちしんぶん専門編集委員せんもんへんしゅういいん与良正男よらまさお

 国民民主党こくみんみんしゅとう代表だいひょう玉木雄一郎氏たまきゆういちろうしえらばれたというニュースをごぞんじでしたか?

     「らなかった」「そもそも国民民主党こくみんみんしゅとうって、どんな政党せいとうだっけ」--。そういうひとおおいとおもいます。

     ずかしがることはありません。自民党じみんとう総裁選そうさいせんくらべて、国民民主党こくみんみんしゅとう代表選だいひょうせんは、新聞しんぶんやテレビで報道ほうどうされることがすくなかったので当然とうぜんだとおもいます。昨秋さくしゅう衆議院選挙前しゅうぎいんせんきょまえ旧民進党きゅうみんしんとう分裂ぶんれつしたあと、どのとうがどうなっているのか、大人おとなでもよくからないひとおおいというのが実情じつじょうでしょう。

     毎日新聞まいにちしんぶんが9がつ1、2実施じっしした世論調査よろんちょうさで「あなたはどの政党せいとう支持しじしていますか」と質問しつもんしたところ、国民民主党こくみんみんしゅとうこたえたひとは、わずか1%(政党支持率せいとうしじりついます)。野党やとうなかで2番目ばんめ議員ぎいんおおいにもかかわらず、あまりにもひく数字すうじです。

     そして野党第やとうだいとう立憲民主党りっけんみんしゅとう支持率しじりつも9%。自民党じみんとうは33%でしたから、そのきわめておおきく、「自民党じみんとうの1強状態きょうじょうたい」とわれるのも無理むりはありません。

     でも、その結果けっか国会こっかいでは安倍晋三総理大臣あべしんぞうそうりだいじん首相しゅしょう)や自民党じみんとう強引ごういん法律ほうりつ成立せいりつさせてしまう場面ばめん目立めだっています。そうなっているのは、安倍首相あべしゅしょう自民党じみんとう責任せきにんだけではなく、非力ひりき国民こくみんにもあまり支持しじされていない野党やとう責任せきにんおおきいとおもいます。

     ところが、国会こっかいていても、立憲民主りっけんみんしゅ国民民主こくみんみんしゅあいだかならずしもしっくりいっていません。来年らいねんなつ参議院選挙さんぎいんせんきょでは野党やとうおな選挙区せんきょくにたくさん候補者こうほしゃててしまえば、自民党じみんとうにはなかなかてないことはかっていながら、どこまでたがいに協力きょうりょくできるのか、まだかりません。

     野党同士やとうどうしあしっていては、国民こくみんはますます支持しじしなくなるのではないでしょうか。協力きょうりょくすべきとき協力きょうりょくする。まずそれが重要じゅうようです。


     政治部せいじぶデスクなどをて2004ねんから論説委員ろんせついいん早稲田大学大学院客員教授わせだだいがくだいがくいんきゃくいんきょうじゅつとめた。TBSテレビ・ラジオや大阪おおさかMBSテレビの報道番組ほうどうばんぐみなどでコメンテーター。1957年生ねんうまれ。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
    3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
    4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです