子どもの自死

親ら体験語る 横浜でフォーラム /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 全国自死遺族連絡会は8日、横浜市神奈川区で「第11回全国自死遺族フォーラム」を開催し、遺族や行政職員ら約150人が参加した。自殺で子どもを亡くした親らが登壇し「笑顔や仕草、すべてが脳裏から離れない」などと声を震わせ、行政のいじめ調査のあり方や、学校側の対応などを問題視した。

 2014年9月に仙台市立中学校に通う息子(当時12歳)を亡くした父親は、息子の搬送先の病院で「余命10時間」と告げられ立ち上がれなかった。…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

あわせて読みたい

注目の特集