メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもの自死

親ら体験語る 横浜でフォーラム /神奈川

 全国自死遺族連絡会は8日、横浜市神奈川区で「第11回全国自死遺族フォーラム」を開催し、遺族や行政職員ら約150人が参加した。自殺で子どもを亡くした親らが登壇し「笑顔や仕草、すべてが脳裏から離れない」などと声を震わせ、行政のいじめ調査のあり方や、学校側の対応などを問題視した。

 2014年9月に仙台市立中学校に通う息子(当時12歳)を亡くした父親は、息子の搬送先の病院で「余命10時間」と告げられ立ち上がれなかった。…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  3. ママ、待って待って ブラジルバクの赤ちゃん「ユウキ」公開 甲府市遊亀公園付属動物園

  4. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです