メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みのひだフォーカス

子ども司書が富山でビブリオバトル 自分の言葉で発表力 ラジオ番組制作で表現養い成長 /岐阜

 8月5日午前8時半。岐阜市を出発した貸し切りバス1台が東海北陸自動車道を一路、富山市立図書館を目指した。午後7時過ぎには帰る日帰りツアーに参加したのは小中学生18人。岐阜市立図書館の「子ども司書」だ。富山では好きな本1冊を選び、どんな本でどこに魅力があるのかを3分間で発表し合う本の批評合戦「ビブリオバトル」が待ち受けていた。岐阜3人、富山2人のバトルの結果、1、2位を岐阜勢が占めた。そこでは、粗削りでも自分の言葉で思いを伝える岐阜勢の表現力が光った。そして、それには秘密があった。【高橋龍介】

 引率した岐阜市立図書館の吉成信夫館長は「発表した3人に話を聞いたところ、いずれも台本や原稿を準備せ…

この記事は有料記事です。

残り1162文字(全文1461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

  5. 首相、1日で要人23人と「マラソン会談」 即位の礼「祝賀外交」始まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです