メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

名古屋家裁調査官 浦川忠久さん(44) /愛知

 非行に及んだ少年の処遇を決める、家庭裁判所の少年審判。刑事裁判との大きな違いは、有罪の場合にどんな罰が相当かを決めるのが目的ではなく、その少年を更生に導くことに主眼を置くことだ。そのため審判では、少年自身だけでなく、家庭や学校などの周辺環境まで調査し、考慮する。その調査を担うのが、家裁調査官だ。

 調査は、少年本人や保護者に話を聞くことから始まる。かたくなに口を閉ざす人、うそや矛盾だらけの主張をする人--。理不尽な言葉を投げつけられることもあるが、頭ごなしに怒ることはしない。「本当に聞いてほしい話や、わかってほしい事情があるはずだから」

 調査官は、心理学や社会学、教育学などの知識を生かしてアプローチする。何より大切にしているのは「少年や家族が更生に向かう力を信じること」という。

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文1066文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです