メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

県内停電、ほぼ解消 尼崎・立花商店街も「ほっ」と /兵庫

台風21号の強風で折れた電柱。電線には飛んできた木材が引っかかったままになっていた=兵庫県尼崎市立花町1で2018年9月8日、近藤諭撮影

 県内を縦断した台風21号の影響で、阪神間を中心に広範囲で発生した停電は8日、ほぼ解消した。県内では阪神大震災以降では最大となる延べ約42万戸が停電したが、順次復旧。最後まで残った尼崎市のJR立花駅北側の立花商店街周辺でも、8日正午ごろに電気が通った。同商店街振興組合の土井祥司理事(57)は「時間がかかったが、やっと商店街らしさが戻って良かった」とほっとした表情だった。

 約120店舗が加盟する立花商店街では台風が直撃した4日午後、自家発電装置を備えていた一部の店舗を除…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文553文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです