メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

県内停電、ほぼ解消 尼崎・立花商店街も「ほっ」と /兵庫

台風21号の強風で折れた電柱。電線には飛んできた木材が引っかかったままになっていた=兵庫県尼崎市立花町1で2018年9月8日、近藤諭撮影

 県内を縦断した台風21号の影響で、阪神間を中心に広範囲で発生した停電は8日、ほぼ解消した。県内では阪神大震災以降では最大となる延べ約42万戸が停電したが、順次復旧。最後まで残った尼崎市のJR立花駅北側の立花商店街周辺でも、8日正午ごろに電気が通った。同商店街振興組合の土井祥司理事(57)は「時間がかかったが、やっと商店街らしさが戻って良かった」とほっとした表情だった。

 約120店舗が加盟する立花商店街では台風が直撃した4日午後、自家発電装置を備えていた一部の店舗を除…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文553文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. 東アジアサミット 南シナ海 米、妥協せず 副大統領、中国領土拡張「違法」
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです