メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人めぐり

水俣病センター相思社スタッフ 葛西伸夫さん(48)=熊本県水俣市 考証館改修でCF活用 /熊本

 水俣病の関連資料約270点を展示する「水俣病歴史考証館(こうしょうかん)」(熊本県水俣市袋)が26日で開館30周年を迎えるのを前に、運営元の一般社団法人「水俣病センター相思社」(同)が老朽化した一部の展示パネルや展示設備の新調、内装のリフォームを進めている。今回の改修に込める思いを相思社スタッフの葛西伸夫さん(48)に聞いた。【笠井光俊】

 Q 考証館ではこれまでも小展示室の増築などがされてきましたが、今回の改修の具体的な内容は

この記事は有料記事です。

残り937文字(全文1153文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです