メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

死者35人に 「72時間」不明3人捜索 心肺停止2人

日没後も続けられる安否不明者の捜索活動=北海道厚真町で2018年9月8日午後6時34分、貝塚太一撮影

 北海道南西部の胆振(いぶり)地方を震源とする最大震度7の地震による死者は8日午後9時現在、35人になった。道などが発表した。9日午前3時過ぎに生存率が下がるとされる「発生から72時間」を迎える。厚真(あつま)町の土砂崩れ現場では自衛隊や警察などによる捜索が続いた。地震直後に全域に影響した停電は午後11時までに約295万戸のうち781戸を残し解消されたが、電力供給量は依然不足し、経済産業省は「最大限の節電」を要請している。【伊藤直孝、日下部元美、安藤大介】

    経産相「2割節電を」

     道などによると、心肺停止は2人、安否不明は3人で、すべて厚真町の住民。夜通しの捜索活動で、多くの安否不明者の死亡が確認された。死者は同町の31人のほか、新たに札幌市で男性(53)が確認された。けが人は648人に増え、建物の全半壊などは少なくとも73棟。午後10時現在、4058人が札幌市などで避難生活を送っている。

    各自治体の死者数

     電力の復旧は進んだ。道内最大の電力を供給していた苫東厚真(とまとうあつま)火力発電所は再稼働できていないが、停止していた火力発電所の再稼働や本州からの電力融通が進み、全戸数の99%以上に電気が届いた。残るのはむかわ町や厚真町、日高町などの781戸。北海道電力によると、完全復旧の見通しは立っていない。

     電力の復旧に合わせ、新千歳空港が国際線でも運航を再開したほか、JR北海道の在来線も札幌近郊など一部で運行が始まった。

     ただし、現在の供給能力は350万キロワット程度で、地震発生前日(5日)のピーク需要だった383万キロワットに届いていない。北海道電力は節電の継続を求める一方、計画停電の可能性も検討している。

     世耕弘成経産相は8日の記者会見で「平常時よりも2割の節電を目標として、最大限の節電をお願いしたい」と呼びかけた。計画停電については「現時点では、(平日で電力需要が高まる)10日も実施する予定はない」と述べた。


    被害状況

    死者     35人

    --------

    心肺停止    2人

    --------

    安否不明    3人

    --------

    けが    648人

     (うち重症8人)

    --------

    避難者  4058人

    --------

    停電    781戸

    --------

    建物被害 全壊32棟

         半壊18棟

    --------

    断水  3万123戸

     =8日午後、北海道などのまとめ

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
    2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
    3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
    5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです