メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

総裁選、石破氏スローガン 「正直・公正」に批判の怪 識者「議論成り立たず」

<右>安倍首相=和田大典撮影<左>石破元幹事長=川田雅浩撮影

 <access>

 自民党総裁選では、「正直、公正」をスローガンに掲げた石破茂元幹事長が、安倍晋三首相(総裁)の支持派から「野党のようだ」と批判され、自らの陣営でも「個人攻撃は控えて」とくぎを刺された。森友学園問題などを蒸し返すとの懸念からだが、現状を「不正直、不公正」と認識する自民党議員がいることの裏返しではないのか。【和田浩幸】

 「あるすし屋が『清潔』というスローガンを掲げたら、不潔だと気にしている別のすし屋が『個人攻撃はやめろ』と怒るようなものだ」。コラムニストの小田嶋隆さんはこう例える。「すし屋は清潔なのが当たり前なように『正直、公正』は政治家の目標ではなく前提。対抗馬がそんなスローガンを掲げること自体が異常だ」

この記事は有料記事です。

残り901文字(全文1215文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです