メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア内戦

アサド政権、総攻撃強行も 仲介3カ国、主張平行線

シリア内戦を巡るロシア、イラン、トルコの関係

 【カイロ篠田航一】内戦が続くシリアで、反体制派の最後の拠点である北西部イドリブ県への総攻撃が取りざたされる中、アサド政権を支援するロシアとイラン、反体制派を支援するトルコの主張が平行線をたどり、戦闘回避は困難だとの見通しが強まっている。

 実質的な仲介役となっている3カ国の首脳は7日、イランの首都テヘランで会談したが、アサド政権の作戦強行に理解を示すロシアとイランに対し、トルコは停戦を主張した。ロシアのプーチン大統領は「テロリストの掃討が必要だ」とアサド政権の軍事行動を擁護。イランのロウハニ大統領も「市民の犠牲を避けるべきだ」としながらも、反体制派の駆逐がシリアの平和回復につながると述べてロシアに同調した。

 これに対し、トルコのエルドアン大統領は「いかなる理由であっても、イドリブ県への総攻撃は虐殺につながる」として攻撃に反対した。2011年のシリア内戦開始後、トルコは既に350万人のシリア難民を受け入れているが、イドリブ県が攻撃されれば新たな難民がトルコ国境に押し寄せる事態も想定されるため、エルドアン氏は「これ以上の受け入れは不可能だ」と訴え、人道危機への懸念を示した。

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文994文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 先進国のワクチン「囲い込み」にアフリカ諸国苦戦 資金確保課題、中国製頼みも

  2. 和歌山・かつらぎ町の養豚場で豚熱確認 2018年9月以降、関西で初

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 東京・豊島女性殺害 女児への強制わいせつ容疑 元保育士をきょうにも再逮捕

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです