メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 衣料品のお届けサービスって?=回答・今村茜

洋服のお届けサービスの仕組み

洋服選び、プロにお任せ 情報過多、消費者に「疲れ」

 なるほドリーマン君 洋服のお届けサービスがあるって聞いたよ。

 記者 利用者が好みそうな服を、人工知能(AI)や専門スタッフが選んで、定期的に自宅に届けるサービスのことですね。「買い取り型」と「レンタル型」の2通りがあります。衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイは、新品の洋服や靴など毎回5~10点を届け、気に入ったものだけ買い取ってもらう「おまかせ定期便」を今年2月に始めました。レンタルでは、紳士服大手のAOKIが男性向けにスーツを選んで届ける「スーツボックス」を今年4月に、エアークローゼット(東京都港区)は女性向けに洋服を届けるサービスを2015年から始めました。エアー社は15万人を超える会員を抱えるなど人気が高まり、各社が続々と参入しています。

この記事は有料記事です。

残り1517文字(全文1880文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです