メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

脳性まひあるバイオリニスト(その2止) 一本松のごとく

一本松の前で浮かんだメロディーをもとに、時間を忘れて作曲に没頭する式町水晶さん。「切なさ、たくましさ、希望を感じられ、大地に根を張るようなイメージの曲にしたかった」=宮城県南三陸町の南三陸ホテル観洋で8月8日、中村かさね撮影

 

 ◆「見返す」から「希望」奏でる存在へ

師泣かせたジャンプ

 垂れこめる雲と生暖かく湿った風が、近づいてくる台風13号を予感させた。

 「節目のコンサートの前に、原点に戻りたい」。バイオリニストの式町(しきまち)水晶(みずき)さん(21)は8月8日、岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」の前にいた。4月にCD「孤独の戦士」を出してメジャーデビューを果たした後、初の大型イベントとなる東日本大震災チャリティーコンサートを9日後に控えていた。

 慰問演奏などで被災3県をこれまでに10回以上訪れていたが、いつも駆け足だった。特に昨年は、デビュー…

この記事は有料記事です。

残り4733文字(全文5000文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. 維新の大阪・松原市議 本会議欠席して妻と沖縄旅行 体調不良を理由に

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 台風通過後、「陸の孤島」となった成田空港に響く歌声 足止めのスロバキア合唱団

  5. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです