メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/39 第一話 泣きぼくろ=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

「素っ裸なのに、手で身体(からだ)を隠そうともしないんだ」

 次兄ちゃんが慌てて羽交い締めにする。すると今度は次兄ちゃんにからみつく。腕をからませ、両足でその胴を挟み込む。

 次兄ちゃんが抗(あらが)い、長姉ちゃんを押し戻そうとするうちに、その緩んだ薄笑いの顔がこっちを向いて、見えた。

「長姉ちゃんの左目の下に、小豆っ粒くらいの大きさの泣きぼくろができてたんだ」

 ほくろは、行灯(あんどん)の明かりに濡(ぬ)れ濡れと光る。 よだれに濡れたくちびるも光る。

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文861文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  5. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです