メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『エルサレムの悲哀』 著者・村田靖子さん

 ◆村田靖子(むらた・やすこ)さん

 (木犀社・2700円)

小説通し聖地の多様性描く

 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教という三大一神教の聖地であるエルサレム。大学卒業後の1968~69年、キブツのボランティアとしてイスラエルで過ごし、初めて訪れた。「こんなに複雑で、錯綜(さくそう)した都市ってほかにはない。ワッと心をつかまれてしまいました」

 現代ヘブライ文学の研究者、翻訳家として、毎年のように訪れ、国の変貌を長年にわたって見つめ続けてきた…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  2. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  3. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです