メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『エルサレムの悲哀』 著者・村田靖子さん

 ◆村田靖子(むらた・やすこ)さん

 (木犀社・2700円)

小説通し聖地の多様性描く

 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教という三大一神教の聖地であるエルサレム。大学卒業後の1968~69年、キブツのボランティアとしてイスラエルで過ごし、初めて訪れた。「こんなに複雑で、錯綜(さくそう)した都市ってほかにはない。ワッと心をつかまれてしまいました」

 現代ヘブライ文学の研究者、翻訳家として、毎年のように訪れ、国の変貌を長年にわたって見つめ続けてきた…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文902文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです