メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『エルサレムの悲哀』 著者・村田靖子さん

 ◆村田靖子(むらた・やすこ)さん

 (木犀社・2700円)

小説通し聖地の多様性描く

 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教という三大一神教の聖地であるエルサレム。大学卒業後の1968~69年、キブツのボランティアとしてイスラエルで過ごし、初めて訪れた。「こんなに複雑で、錯綜(さくそう)した都市ってほかにはない。ワッと心をつかまれてしまいました」

 現代ヘブライ文学の研究者、翻訳家として、毎年のように訪れ、国の変貌を長年にわたって見つめ続けてきた…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  4. 「要注意の年では」 諏訪大社の筒粥神事で世相占う
  5. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです