メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『アフター・ヨーロッパ』=イワン・クラステフ著、庄司克宏・訳

 (岩波書店・2052円)

 副題は「ポピュリズムという妖怪にどう向きあうか」。欧州各国でみられる極右ポピュリスト政党の台頭について、ブルガリア出身の政治学者である著者が豊富な知識を引き、分析する。

 本書は2015年の難民危機が、欧州にとって9・11同時多発テロのようなインパクトがあったと指摘する。これを機に、各国で多数派を形成する市民は「自身の民族、宗教、文化が脅かされる」という恐怖を…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文485文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです