メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『アフター・ヨーロッパ』=イワン・クラステフ著、庄司克宏・訳

 (岩波書店・2052円)

 副題は「ポピュリズムという妖怪にどう向きあうか」。欧州各国でみられる極右ポピュリスト政党の台頭について、ブルガリア出身の政治学者である著者が豊富な知識を引き、分析する。

 本書は2015年の難民危機が、欧州にとって9・11同時多発テロのようなインパクトがあったと指摘する。これを機に、各国で多数派を形成する市民は「自身の民族、宗教、文化が脅かされる」という恐怖を…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文485文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  4. 「きょうは違う景色に見えた」菜七子騎手、初G1に
  5. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです