メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健康を決める力

ストレス対処の「資源」=聖路加国際大教授 中山和弘

 「健康を決める力」というサイトで、「健康とは何か 力、資源としての健康」という記事をようやく掲載しました。何を健康と考えるかによって、健康のために選ぶものも異なると考え、以前から書かねばと思っていました。

 厚生労働省の「国民生活基礎調査」(2016年)によると、「あなたの現在の健康状態は」という質問に対して「よい」20・7%、「まあよい」17・8%、「ふつう」47%、「あまりよくない」11・2%、「よくない」1・8%となっています。「よい」「まあよい」「ふつう」を合わせると85・5%が、自分は健康だと考えています。この割合は、年齢が上がるほど低下しますが、65歳以上でも75%ほどあります。病気やけがで通院している割合は、20~30代の約2割に対し、65歳以上は約7割であるにもかかわらずです。傷病の有無だけが健康の判断材料でないことがうかがえます。

 では、私たちは何を理由に健康だと判断するのでしょう。厚労省の「健康意識に関する調査」(14年)では…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文1052文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです