メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大リーグ

エンゼルス・大谷、19号 日本選手1年目最多

ホワイトソックス戦に先発し、三回に3ランを放つエンゼルスの大谷=USAトゥデー・ロイター

 【シカゴ共同】米大リーグは7日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はシカゴでのホワイトソックス戦に5番・指名打者でフル出場し、1-1の三回に19号勝ち越し3ランを放ち、2006年の城島健司(マリナーズ)を超えてメジャー1年目の日本選手の最多本塁打記録をつくった。4打数1安打3打点、1得点2三振。

 ヤンキースの田中はマリナーズ戦に先発し8回を3安打無失点、10三振の無四球で11勝目を挙げた。ドジャースの前田はロッキーズ戦で4-2の九回途中から3分の2回を無安打無失点、1三振で試合を締め、2セーブ目を挙げた。ダイヤモンドバックスの平野はブレーブス戦で4-1の七回に登板し、1回を1安打無失点、2三振だった。

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1061文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです