雑記帳

福島第1原発事故の対応拠点だった…

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
Jヴィレッジ全天候型練習場のオープンを記念する運動会で、大玉おくり競争を楽しむ子どもたち=福島県楢葉町山田岡で2018年9月8日午後2時20分、宮崎稔樹撮影
Jヴィレッジ全天候型練習場のオープンを記念する運動会で、大玉おくり競争を楽しむ子どもたち=福島県楢葉町山田岡で2018年9月8日午後2時20分、宮崎稔樹撮影

 福島第1原発事故の対応拠点だった福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)で8日、ドーム形の全天候型練習場がオープンし、地元の小学生らが記念に開かれた運動会を楽しんだ。

 縦115メートル、横73メートルの人工芝のピッチは屋内練習場としては国内最大。あいにくの雨だったが、施設の特長が最大…

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文287文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集