メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

脳性まひのバイオリニスト 被災地向き合い成長

 ギターの短調のアルペジオに乗って、バイオリンが泣くように歌い出す。「これがあの時の……」。客席にいた私の脳裏に、9日前の岩手県陸前高田市の風景がよみがえった。

 8月17日、相模原市。東日本大震災のチャリティーコンサートでバイオリニストの式町(しきまち)水晶(みずき)さん(21)は直前に完成したばかりの新曲を奏でた。4月に大手音楽会社からポップスCDを出してデビューした式町さんには、中等度の脳性まひの障害(上半身6級、下半身…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文537文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  2. 雑記帳 サッカー元イタリア代表FW、デルピエロ氏…
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです