メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅するカモメ

ボーダーツーリズム 五島/下 済州島との交流

五島市の福江島沖に広がる東シナ海に沈む夕日。手前は大瀬崎灯台=五島市役所提供

 東京を中心にして日本地図を見ると、長崎・五島列島は日本の西の果てにあります。しかし、歴史的にみると五島は海外との「ゲートウエー」として経済、文化の面で時代の先端を担ってきました。

 五島から一番近い外国は、韓国の済州島です。その距離は約200キロで、五島-福岡間とほぼ同じです。五島と済州島は、かつて黒潮に乗った海民の交流があったとされます。双方にはツバキや溶岩海岸など似通った景観もあります。

 ただ現在、五島と済州島を直接結ぶ航路や航空路はなく、お互いが「近くて遠い島」になっています。そこで…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文760文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです