メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全米テニス

大坂なおみ優勝 日本選手初の4大大会制覇

S・ウィリアムズを破り、4大大会のシングルスで男女を通じて日本選手初優勝の快挙を成し遂げた大坂=AP
女子シングルス決勝、第1セットを戦う大坂=AP

 【ニューヨーク浅妻博之、長野宏美】テニスの4大大会最終戦、全米オープン第13日は8日(日本時間9日)、当地のビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで女子シングルス決勝が行われ、大坂なおみ(20)=日清食品=が元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=を6-2、6-4のストレートで破り、男子を含めた4大大会のシングルスで日本選手として初優勝の快挙を成し遂げた。アジア勢の全米優勝も初めて。優勝賞金は380万ドル(約4億2200万円)で大坂の生涯獲得賞金(約323万ドル)を上回った。

 日本選手のこれまでの4大大会シングルス最高成績は、2014年全米の錦織圭(28)=日清食品=の準優勝。女子は1973年全豪オープンの沢松和子、96年ウィンブルドン選手権など計3度進出した伊達公子のベスト4が最高だった。

 大坂は大阪市出身。ハイチ出身の父と日本人の母を持ち、3歳で米国へ移住。15歳でプロへ転向し、16年に女子ツアーを統括する女子テニス協会(WTA)の最優秀新人賞に輝いた。10日付の世界ランキングで、19位から自己最高の7位まで上がった。95年に伊達が記録した日本女子最高位の4位に次ぐ歴代2位、自身初のトップ10入りとなる。

努力に心より敬意

 畔柳信雄・日本テニス協会会長 日本テニス協会として、これほどうれしいことはない。これに至るまでの努力に心より敬意を表します。

日本の人々の励みに

 福井烈・日本テニス協会専務理事 日本テニス界初の偉業を20歳という若さで達成されたことに感服しています。粘り強く、我慢強く戦い抜く姿は台風や地震で大きな被害を受けた日本の人々の励みとなったことでしょう。ますますの活躍を期待しています。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです