特集

大坂なおみ(テニス)|東京オリンピック

「うつ」告白からの復帰戦。精神的な不安は完全に癒えるはずもないが、母国日本での五輪に参加したい思いがある

特集一覧

全米テニス

大坂なおみ優勝 日本選手初の4大大会制覇

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ニューヨーク浅妻博之、長野宏美】テニスの4大大会最終戦、全米オープン第13日は8日(日本時間9日)、当地のビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで女子シングルス決勝が行われ、大坂なおみ(20)=日清食品=が元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=を6-2、6-4のストレートで破り、男子を含めた4大大会のシングルスで日本選手として初優勝の快挙を成し遂げた。アジア勢の全米優勝も初めて。優勝賞金は380万ドル(約4億2200万円)で大坂の生涯獲得賞金(約323万ドル)を上回った。

 日本選手のこれまでの4大大会シングルス最高成績は、2014年全米の錦織圭(28)=日清食品=の準優勝。女子は1973年全豪オープンの沢松和子、96年ウィンブルドン選手権など計3度進出した伊達公子のベスト4が最高だった。

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文731文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集