メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全米テニス

大坂なおみ優勝 日本選手初の4大大会制覇

 【ニューヨーク浅妻博之、長野宏美】テニスの4大大会最終戦、全米オープン第13日は8日(日本時間9日)、当地のビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで女子シングルス決勝が行われ、大坂なおみ(20)=日清食品=が元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=を6-2、6-4のストレートで破り、男子を含めた4大大会のシングルスで日本選手として初優勝の快挙を成し遂げた。アジア勢の全米優勝も初めて。優勝賞金は380万ドル(約4億2200万円)で大坂の生涯獲得賞金(約323万ドル)を上回った。

 日本選手のこれまでの4大大会シングルス最高成績は、2014年全米の錦織圭(28)=日清食品=の準優勝。女子は1973年全豪オープンの沢松和子、96年ウィンブルドン選手権など計3度進出した伊達公子のベスト4が最高だった。

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  4. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです