メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全米テニス

大坂、憧れのセリーナ破り初タイトル

試合後、大坂なおみとハグするセリーナ・ウィリアムズ(左)=AP

 【ニューヨーク浅妻博之】テニスの4大大会最終戦、全米オープンの女子シングルス決勝で、第20シードの大坂なおみ(20)=日清食品=が、4年ぶり7回目の優勝を狙った第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)を6-2、6-4で破り、4大大会のシングルスで男女を通じて日本選手初優勝の快挙を成し遂げた。 

 20歳のホープがついに4大大会の頂点へと駆け上がった。「子供の頃からのアイドル」を破っての初タイトル。大坂は誰もが予想できない劇的なフィナーレを最高の形で締めくくった。

 勝利への伏線は、今年3月に訪れていた。マイアミ・オープンで憧れだったS・ウィリアムズと1回戦で初対…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文786文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  3. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」
  4. 「まこちゃんを救って」 難病の高校1年生、半年内の手術必要 同級生らが募金スタート
  5. 記者のこだわり 性暴力をなくすには 「魂の殺人」被害の男女が語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです