メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
全米テニス

大坂、憧れのセリーナ破り初タイトル

試合後、大坂なおみとハグするセリーナ・ウィリアムズ(左)=AP

 【ニューヨーク浅妻博之】テニスの4大大会最終戦、全米オープンの女子シングルス決勝で、第20シードの大坂なおみ(20)=日清食品=が、4年ぶり7回目の優勝を狙った第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)を6-2、6-4で破り、4大大会のシングルスで男女を通じて日本選手初優勝の快挙を成し遂げた。 

 20歳のホープがついに4大大会の頂点へと駆け上がった。「子供の頃からのアイドル」を破っての初タイトル。大坂は誰もが予想できない劇的なフィナーレを最高の形で締めくくった。

 勝利への伏線は、今年3月に訪れていた。マイアミ・オープンで憧れだったS・ウィリアムズと1回戦で初対…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文786文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  4. 衝突した車の運転男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  5. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです