特集

大坂なおみ(テニス)|東京オリンピック

「うつ」告白からの復帰戦。精神的な不安は完全に癒えるはずもないが、母国日本での五輪に参加したい思いがある

特集一覧

全米テニス

大坂、憧れのセリーナ破り初タイトル

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
試合後、大坂なおみとハグするセリーナ・ウィリアムズ(左)=AP
試合後、大坂なおみとハグするセリーナ・ウィリアムズ(左)=AP

 【ニューヨーク浅妻博之】テニスの4大大会最終戦、全米オープンの女子シングルス決勝で、第20シードの大坂なおみ(20)=日清食品=が、4年ぶり7回目の優勝を狙った第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)を6-2、6-4で破り、4大大会のシングルスで男女を通じて日本選手初優勝の快挙を成し遂げた。 

 20歳のホープがついに4大大会の頂点へと駆け上がった。「子供の頃からのアイドル」を破っての初タイトル。大坂は誰もが予想できない劇的なフィナーレを最高の形で締めくくった。

 勝利への伏線は、今年3月に訪れていた。マイアミ・オープンで憧れだったS・ウィリアムズと1回戦で初対戦。「まるで別の試合だった」という緊張感の中でも自分を見失わず、ストレート勝ちした。大坂はストローク力で圧倒し、確かな実力を示した。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文786文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集