メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
全米テニス

「大坂劇場」笑顔と泣き顔のフィナーレ

優勝トロフィーを掲げる大坂=AP

全米オープンテニス・大坂なおみ優勝

 最後のサーブは、大坂の破竹の勢いを象徴していた。腕をいっぱいに伸ばして返そうとしたS・ウィリアムズのラケットをはじくほどの威力があった。「子供の頃にこの会場で優勝トロフィーを持ち上げるシーンを見た。成長し、戻って来られた。目標の一つがかなった」

 ベンチに戻るまでに感極まり、涙が止まらなかった。日本選手が4大大会に参戦して100年あまり。屈託のない笑顔の20歳の新鋭は4大大会通算23回の優勝を誇るレジェンドを力でねじ伏せ、日本テニス史に金字塔を打ち立てた。

 「パワーがすごく、体がしなやかで勝つための力を備えている。そんな選手、見たことなかった」。ツアーに…

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文1039文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです