メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア内戦

アサド政権、総攻撃強行も 3カ国主張平行線

アサド政権によるシリア北西部イドリブ県への攻撃に反対するトルコ市民のデモ=トルコ南東部ディヤルバクルで7日、ロイター

 【カイロ篠田航一】内戦が続くシリアで、反体制派の最後の拠点である北西部イドリブ県への総攻撃が取りざたされる中、アサド政権を支援するロシアとイラン、反体制派を支援するトルコの主張が平行線をたどり、戦闘回避は困難だとの見通しが強まっている。

 実質的な仲介役となっている3カ国の首脳は7日、イランの首都テヘランで会談したが、アサド政権の作戦強行に理解を示すロシアとイランに対し、トルコは停戦を主張した。

 ロシアのプーチン大統領は「テロリストの掃討が必要だ」とアサド政権による軍事行動を擁護。イランのロウハニ大統領も「市民の犠牲を避けるべきだ」としながらも、反体制派の駆逐がシリアの平和回復につながると述べてロシアに同調した。

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに5759人の感染確認 重症者972人、14日連続で過去最多

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  4. 菅首相、異例のステイホーム 就任後初めて宿舎から外出せず

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです