メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

国際刑事裁のロヒンギャ管轄権に「断固拒否」

 【バンコク西脇真一】ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」への迫害について、国際刑事裁判所(ICC、本部オランダ・ハーグ)の予審裁判部は6日、「管轄権を有する」との判断を示した。ミャンマーはICCローマ規定の非締約国だが、70万人を超えるロヒンギャが逃れた隣国バングラデシュは加盟国であることが決め手になった。ロヒンギャを追放したとして、ICC検察局が治安部隊を指揮した国軍幹部を捜査することに道が開かれた。

 ミャンマー大統領府は7日、「決定を断固拒否する」との声明を発表した。

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文620文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仮面ライダーゼロワン 山寺宏一がナレーション 日高のり子がAIの音声担当
  2. アジア大会 時計壊れ、国旗落ち、名前誤り…トラブル続出
  3. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  4. 1代限り性風俗店許可 死亡隠し営業続ける 風営法違反容疑で逮捕
  5. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです