歌舞伎

御園座「まねき上げ」 新劇場で初 名古屋

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
御園座のまねき上げで手締めをする(右から)松竹の安孫子正副社長、尾上菊五郎さん、御園座の小笠原剛会長、中村梅玉さん=名古屋市中区で2018年9月8日午後4時10分、兵藤公治撮影
御園座のまねき上げで手締めをする(右から)松竹の安孫子正副社長、尾上菊五郎さん、御園座の小笠原剛会長、中村梅玉さん=名古屋市中区で2018年9月8日午後4時10分、兵藤公治撮影

 歌舞伎公演「第49回吉例顔見世」(10月1~25日)に出演する俳優の名前を記した看板を掲げる「まねき上げ」が8日、名古屋市中区の御園座で行われた。名古屋の秋の風物詩として知られ、今年4月に開場した新劇場では初めて。不安定な天候の下、約500人のファンが尾上菊五郎さんらと大入りを祈願した。

 まねき上げは1965年に始まった御園座…

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文350文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集