メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度7

牛乳の出荷、一部停止 一時的に品薄も

地震による土砂崩れに巻き込まれた建物=北海道厚真町で2018年9月6日午前8時31分、本社機「希望」から佐々木順一撮影

 北海道地震の影響で、道内工場の操業を停止した大手乳業メーカーは、関東や関西地区向けの牛乳の出荷を一部停止。本州で流通する牛乳のうち、北海道産は3割程度だが、スーパーなどで一時的に品薄となる可能性もある。

 森永乳業は7日から、雪印メグミルクは8日から一部で出荷を止めている。量は明らかにしていない。雪印は「道民の方や学校給食用の提供を最優先にしている」という。

 各メーカーの工場は8日までに電力が復旧し、一時停止していた生乳受け入れも再開している。明治は現時点で出荷停止をしておらず、道内の全7工場のうち5工場で同日、操業を再開。雪印も2工場の一部ラインで再開した。

 道産の農産物や生乳を毎日、北海道・釧路港から茨城県・日立港に運ぶ「ほくれん丸」は地震の影響で7日のみ欠航したが、8日から通常通り運航している。【藤渕志保】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  2. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. NGT48暴行問題会見 一問一答
  5. 首相 「籠池被告は詐欺を働く人物」 法曹関係者が批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです