メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関空

線路水没いつまで…正常化遠く

記者会見する関西エアポートの山谷佳之社長=関西国際空港で2018年9月8日午後3時19分、小松雄介撮影

 国内線に続き、8日に国際線も一部で運航が再開した関西国際空港。運営する関西エアポートの山谷佳之社長はこの日、1週間後をめどに閉鎖中の第1ターミナルを部分復旧させると自信を見せた。だが、運航を担う各航空会社は被災状況の確認や機材の点検に追われており、関係者は「明日の予定すら見通せない」と明かす。関空島に乗り入れる鉄道の線路も、被災から4日後の8日も水没したまま。空港島の本格復旧は見通せない状況だ。

 全日空は同日、国際線の「再開1番機」を離陸させたが、この機体が別の空港から関空に到着したのは出発のわずか1時間前。運航の正式決定も前日の午後9時過ぎだった。

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです