メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全米テニス

大坂、軽口も愛され 海外メディア注目度上昇

決勝進出を決め、笑顔を見せる大坂=AP

 【ニューヨーク浅妻博之】テニスの4大大会、全米オープンのシングルスで、日本女子初の決勝進出を果たした大坂なおみ(20)=日清食品=は、コート上での気迫あふれるプレーぶりと勝利後のおどけたインタビューの落差が話題を呼び、海外メディアなどの注目度は急上昇した。

セリーナに「アイ・ラブ・ユー」 会場爆笑

 6日(日本時間7日)の準決勝後、コート上で行われた勝利インタビュー。大坂は8日(同9日)の決勝の相手に決まったセリーナ・ウィリアムズ(36)へのメッセージを求められると、照れくさそうに答えた。「アイ・ラブ・ユー」。いくら憧れの存在とはいえ、優勝を懸けた相手に送るメッセージとは思えない。インタビュアーが噴き出すと、両手で顔を押さえ恥ずかしそうな仕草を見せた。対戦したい理由を聞かれても、「だって彼女がセリーナだから」。数分前まで緊迫した雰囲気だった会場は、笑いの渦に包まれた。

 ハイチ出身の父親と日本人の母親を持ち、3歳から米国に移住した大坂は、日本語は片言。勝敗を分けたポイントを問われると、「一番大切は……我慢」。答えに窮し、英語での回答に切り替わることは日常茶飯事だ。

 ただ、そんなユーモアあふれる個性は海外メディアの関心を集めた。外国人記者から男子シングルス4強の錦織圭(28)=日清食品=の印象を聞かれると、「これ言ったら困っちゃうかもしれないけど、彼は大きな子供みたい。ゲーム好きという面ではとても似ていると思う」と話し、「日本の報道(記者)が多いのは感謝しているけど、それはケイのため」と屈託のない笑顔を振りまいた。

 一方の錦織は大坂について、「大人っぽく見えるけど実は子供っぽい。20歳というのを忘れさせるぐらい見た目はしっかりしているけど、まだ若いんだと衝撃だった」。決勝を前に、錦織からは「いつも信じられないテニスをしているのを見て本当にうれしい」とメッセージを送られた大坂。今後も自由奔放なキャラクターでテニス界を盛り上げそうだ。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  2. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  3. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  4. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです