メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全米オープン 大坂、憧れ破り悲願 心境複雑「ごめんなさい」

テニスの全米オープン女子シングルス決勝の戦いを終えてS・ウィリアムズ(左)に祝福される大坂なおみ=AP

 【ニューヨーク長野宏美】あどけなさの残る瞳からこぼれ落ちたのは、世界の頂点に立った喜びの涙ではなかった。「こんな終わり方でごめんなさい」。8日(日本時間9日)に当地で行われたテニスの4大大会、全米オープン女子シングルス決勝。日本選手で初めて4大大会シングルスを制した大坂なおみ(20)=日清食品=は憧れのレジェンドとの対戦を終えた直後の優勝インタビューで、複雑な心境を打ち明けた。

 決勝の相手は、地元・米国のセリーナ・ウィリアムズ(36)。大坂にとって、子供の頃から憧れの存在だ。…

この記事は有料記事です。

残り1525文字(全文1766文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです