メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

北限のシラス=永山悦子

 今年の防災の日、東日本大震災の大津波に遭った宮城県名取市の閖上(ゆりあげ)地区を訪れた。海の近くではかさ上げ工事の重機がひっきりなしに動き、ダンプカーが行き交っていた。復興事業によって地図が刻々と変わるため、以前に通った道はなく、迷いながらようやく沿岸部へたどりついた。

 カナダから寄贈された建物「メイプル館」のフードコートで、気になる一品を見つけた。「閖上シラス丼」。シラスといえば静岡や兵庫が有名。「閖上シラスって?」と思いながら注文すると、釜揚げシラスと生シラスの2色使い。釜揚げはフワッとした食感。ねっとりとした新鮮な生は、口に入れると甘みが広がった。

 調べると、閖上で水揚げされるシラスは「北限のシラス」と呼ばれていた。以前は、国内のシラス漁の北限は…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです