メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

岸政彦さん(社会学者) 「普通」の人々の姿、切り取る 本土との境界線考察『はじめての沖縄』刊行

『はじめての沖縄』を刊行した岸政彦さん=大阪市北区で2018年8月24日午後4時11分、須藤唯哉撮影

 約20年にわたって沖縄を調査・研究している社会学者、岸政彦さん(51)が刊行した『はじめての沖縄』(新曜社)が話題だ。観光ガイドブックを連想させる書名だが、その内容は沖縄と本土の間を隔てる「境界線」について考察する一冊だ。岸さんは「沖縄に出合ってからずっと考えてきたテーマ」と語る。

 岸さんは20代半ばに初めて沖縄を訪れ、「熱病に浮かされたように沖縄に恋い焦がれてしまう状態」の「沖縄病」に。その理由を突き詰めていくうちに、沖縄社会を研究テーマに据え、市井の人々を対象にした生活史の聞き取り調査を続けてきた。現在も毎月1回のペースで沖縄に通う。

 タクシーの運転手、県内大企業に正社員として勤める若い女性、地上戦の経験者。本書には、沖縄の「普通の…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1134文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです