メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆音楽月評

安室文化、引き継ぎ先は?=専門編集委員・川崎浩

アレサ・フランクリンの葬儀で歌うアリアナ・グランデ=ロイター

 「16日に25年間の活動を終える」と、引退を表明している安室奈美恵に関しての話題が盛り上がっている。故郷・沖縄では当日、引退記念の花火大会が宜野湾市のビーチで行われる。そして前日にはビーチ近くの会場で前夜祭も開かれ、本人が登場する。ここがピークとなるだろう。今から「アムロス」を心配するファンやビジネス業界人も多い。

 安室が17歳の頃、あこがれの歌手に挙げたのが2歳下のアリーヤだった。アリーヤのアイドルはジャズのエラ・フィッツジェラルドや8月16日に亡くなったアレサ・フランクリンだった。「ソウルの女王」アレサの葬儀で25歳のアリアナ・グランデがアレサの代表曲「ナチュラル・ウーマン」を追悼熱唱した。アリアナは、安室がNHKの音楽番組「ポップジャム」のレギュラーを務め始めた頃に誕生している。アメリカは、大衆歌謡文…

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文1024文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  3. 終わらない氷河期~疲弊する現場で 「どれくらい子どもたちと話していないだろう」 51歳個人配送業男性のため息

  4. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  5. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです