メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Shall・we・バレエ?

平成の世、主人公は死なず=斉藤希史子

 8月に再演された牧阿佐美バレエ団の「飛鳥 ASUKA」は、結末が改変されていた。牧が2年前に復刻した母・橘秋子の遺作。今回さらに手を入れ、「未来への希望が差し込む」終幕へと昇華させたのである。

 主人公の乙女は竜神の妃(きさき)に選ばれるも、幼なじみへの恋心に引き裂かれて命を落とす--これが、半世紀前に描かれた運命だ。新版では、恋人たちの絆を目の当たりにした竜神が霊力を振るい、乙女は息を吹き返す。

 今月末にNBAバレエ団が初演するリン・テイラー・コーベットの「リトルマーメイド」も「めでたしめでた…

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文881文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  4. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  5. 選挙 桜井市長選で自民党県連が松井氏を推薦 /奈良

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです