メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Shall・we・バレエ?

平成の世、主人公は死なず=斉藤希史子

 8月に再演された牧阿佐美バレエ団の「飛鳥 ASUKA」は、結末が改変されていた。牧が2年前に復刻した母・橘秋子の遺作。今回さらに手を入れ、「未来への希望が差し込む」終幕へと昇華させたのである。

 主人公の乙女は竜神の妃(きさき)に選ばれるも、幼なじみへの恋心に引き裂かれて命を落とす--これが、半世紀前に描かれた運命だ。新版では、恋人たちの絆を目の当たりにした竜神が霊力を振るい、乙女は息を吹き返す。

 今月末にNBAバレエ団が初演するリン・テイラー・コーベットの「リトルマーメイド」も「めでたしめでた…

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文881文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです