メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全米オープン 新女王・大坂、万感 焦った元女王、自滅(その2止) セリーナいら立つ

 【ニューヨーク長野宏美】史上最多タイの24回目の4大大会優勝を狙ったセリーナ・ウィリアムズは、いら立っていた。180キロを超えるサーブを返され、強打で左右に走らせても大坂を崩せない。ポイントを奪えない焦りが力みにつながり、次第にミスを重ねた。百戦錬磨のS・ウィリアムズも「彼女は本当に堅実だった」と強さを認めた。

 第1セットを落として迎えた大坂のサービスゲームをブレークして3-1とリードし、反撃のチャンスをつか…

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1024文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  3. ロケ地カード 製作へ 宇都宮など北関東4市共同 /栃木
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです