メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
絵・鰻和弘

 タクシーにはクリアしなければならない、いくつかのミッションが存在する。まず街中で「空車」のタクシーを見つけた時。近づいて来たら「賃走」やったり「回送」やったり「迎車」やったり「予約」やったり。表示灯がふんわりオレンジ色やから、「空車」の赤と見分けがつかない。めっちゃ張り切って手上げたのに、スルーされるあの恥ずかしさったらもう。「あっ、回送か……」とか「あっ、これ人乗ってるやつか……」とか、一人でいるのに、ぶつぶつつぶやいてしまう。ごくまれに、手を上げて「タクシー!」と言うてる人を見かける。ドラマを見過ぎてると、…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文648文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです