豚コレラ

岐阜で確認 風評を警戒 人には感染せず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 岐阜市の養豚場で9日、死んだ豚から豚コレラウイルスが検出され、近隣住民や同業者に不安が広がった。農林水産省の野中厚政務官は同日、岐阜県庁を訪れ、風評被害防止に全力で取り組む考えを示した。

 県中央家畜保健衛生所は9日朝、養豚場の周辺住民への説明会を開き、人に感染することはないことを参加者約40人に説明した。しかし、参加した60代男性は「殺処分した豚は埋めるというが、この辺りでは地下水を使っているところも多い。水質検査をすると説明され…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文547文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集