メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

安倍首相と石破氏の論戦始まる

 自民党総裁選の所見発表演説会と共同記者会見が10日、党本部で行われ、安倍晋三首相(63)と石破茂元幹事長(61)の論戦が始まった。総裁選は7日告示だったが、北海道地震で活動を3日間自粛していた。新総裁は20日に選出される。

 首相は演説で「今回は私にとって最後の総裁選だ。批判を真摯(しんし)に受け止め、改めるべき点は改めて謙虚に政権運営に当たりたい」と述べ、森友・加計学園問題への批判も考慮しつつ3選に…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです