メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度7

最後の不明者発見 死者40人に

[PR]

地震による大規模な土砂崩れが起きた現場で安否不明者を捜索する消防隊員ら=北海道厚真町幌内で2018年9月9日午後2時16分、和田大典撮影

 北海道南西部の胆振(いぶり)地方を震源地とする最大震度7の地震で、10日午前10時現在の死者は40人になった、と道が発表した。厚真(あつま)町の土砂崩れ現場で安否が分からなかった人は全員見つかった。

 厚真町では10日未明、安否不明だった山本辰幸さん(77)が発見され、死亡が確認された。同町の死者は36人となった。同町以外の死者は、札幌市と苫小牧市、新ひだか町、むかわ町で各1人。このほか、札幌市の3人、苫小牧市の1人の死者が地震の影響だった可能性があり、道が経緯を確認している。

 10日午前11時現在の停電戸数は、厚真町などの403戸になった。また、厚生労働省によると、最大で6万5881戸あった断水は、10日午前5時現在で、8400戸に減った。

【北山夏帆、澤俊太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです