メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全米テニス

焦りが力みに セリーナ、大坂の強さ認める

試合後、大坂なおみとハグするセリーナ・ウィリアムズ(左)=AP

 【ニューヨーク長野宏美】史上最多タイの24回目の4大大会優勝を狙ったセリーナ・ウィリアムズは、いら立っていた。180キロを超えるサーブを返され、強打で左右に走らせても大坂を崩せない。ポイントを奪えない焦りが力みにつながり、次第にミスを重ねた。百戦錬磨のS・ウィリアムズも「彼女は本当に堅実だった」と強さを認めた。

 第1セットを落として迎えた大坂のサービスゲームをブレークして3-1とリードし、反撃のチャンスをつか…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文485文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  2. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  3. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです