メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所

稀勢の里ら3横綱が白星発進

勢を寄り切りで降し、懸賞金を手に土俵を降りる稀勢の里=東京・両国国技館で2018年9月9日、西本勝撮影

 大相撲秋場所初日は9日、8場所連続休場明けの横綱・稀勢の里は勢に完勝して白星発進。大関取りを狙う先場所優勝の関脇・御嶽海は正代を降した。ともに先場所途中休場の2横綱は、白鵬が玉鷲を圧倒し、鶴竜も貴景勝を退けた。大関陣ではカド番の栃ノ心が千代大龍をつり出したが、豪栄道は魁聖に屈し、黒星スタートとなった。

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです