メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全米テニス

大坂、成長と自信の詰まった優勝

リターンショットを放つ大坂=2018年9月8日、AP

全米オープンテニス・大坂なおみ優勝

 大坂が崩れる雰囲気は、全くなかった。粘り強いフットワークとベースラインぎりぎりで弾む深いストローク力。あまりのしぶとさに相手がいら立つほど精度は高かった。

 激しいクロスの打ち合いはレベルが高く、普段は試合中でも騒々しいセンターコートの観客は息をのんで見守った。独特の緊張感がコートを支配する中、大坂は先にブレークポイントを握った。

 エンジンの掛かりの遅いS・ウィリアムズに対し、出だしから積極的にコートを広く使って攻めた。第1セッ…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文612文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  2. 汚泥 解体工事で 6立方メートル流出か 県中山間農業研支所 /岐阜
  3. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  5. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです